Events

イベント

Hokkaido University
Center for Human Nature,
Artificial Intelligence,
and Neuroscience

2024 CHAIN Summer School

2024年度 CHAINサマースクール:「身体性とリハビリテーション」

日 時 2024年8月26日-8月30日
場 所 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W202およびW201
言 語 日本語
対 象 北海道大学でCHAINを履修している大学院生

CHAINでは「意識・自己・社会性・合理性」といったテーマに対して哲学・神経科学・AI研究の融合した学際的教育プログラムを北大の大学院生に向けて提供しています。その中で夏と冬に開催されるサマースクール・ウインタースクールでは外部講師をお招きし、受講生に最先端の知見に触れ、学際的議論を行う場を提供しています。

 

2024年度のサマースクールはテーマを「身体性とリハビリテーション」と題して、以下の先生方をお呼びして、講義・議論を行います。(敬称略)

  • 特別講演: 宮本 省三 (高知医療学院学院長)
  • 講義1: 河島 則天 (国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 神経筋機能障害研究室長)
  • 講義2: 温 文 (立教大学現代心理学部准教授)

本サマースクールの一部は富士通北大リサーチラボ部門の活動の一環として行われます。

Seminar1

Lecturer

宮本 省三
Shozo Miyamoto

特別講演1: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

宮本 省三 (高知医療学院学院長)
1981年高知医療学院卒業。理学療法士。現在、高知医療学院学院長。日本認知神経リハビリテーション学会会長。専門は片麻痺と高次脳機能障害のリハビリテーション。著書に『リハビリテーション・ルネサンス(春秋社)』、『リハビリテーション身体論(青土社)』、『脳のなかの身体(講談社新書)』、『認知運動療法』、『片麻痺』、『人間の運動学』、『体幹』、『恋する塵』、『カルロ=ペルフェッティ:対話は続く』(協同医書)など。

Seminar2

Lecturer

宮本 省三
Shozo Miyamoto

特別講演2: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

宮本 省三 (高知医療学院学院長)
1981年高知医療学院卒業。理学療法士。現在、高知医療学院学院長。日本認知神経リハビリテーション学会会長。専門は片麻痺と高次脳機能障害のリハビリテーション。著書に『リハビリテーション・ルネサンス(春秋社)』、『リハビリテーション身体論(青土社)』、『脳のなかの身体(講談社新書)』、『認知運動療法』、『片麻痺』、『人間の運動学』、『体幹』、『恋する塵』、『カルロ=ペルフェッティ:対話は続く』(協同医書)など。

Seminar3

Lecturer

河島 則天
Noritaka Kawashima

講義1: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

河島則天(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 神経筋機能障害研究室長)
金沢大学大学院教育学研究科修士課程を修了後、2000年より国立リハビリテーションセンターを拠点に研究活動を開始。芝浦工業大学先端工学研究機構助手を経て、2005年に論文博士を取得後、カナダ・トロントリハビリテーション研究所へ留学。2007年に帰国後は国立リハにて研究活動を再開。計測自動制御学会学術奨励賞、バリアフリーシステム開発財団奨励賞など受賞。医療リハビリテーション領域での新規技術開発に注力し、脊髄損傷者用長下肢装具C-FREX、対向3指電動義手Finch、立位姿勢調整装置BASYSをはじめ、さまざまなリ開発研究を進めている。

Seminar4

Lecturer

河島 則天
Noritaka Kawashima

講義2: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

河島則天(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 神経筋機能障害研究室長)
金沢大学大学院教育学研究科修士課程を修了後、2000年より国立リハビリテーションセンターを拠点に研究活動を開始。芝浦工業大学先端工学研究機構助手を経て、2005年に論文博士を取得後、カナダ・トロントリハビリテーション研究所へ留学。2007年に帰国後は国立リハにて研究活動を再開。計測自動制御学会学術奨励賞、バリアフリーシステム開発財団奨励賞など受賞。医療リハビリテーション領域での新規技術開発に注力し、脊髄損傷者用長下肢装具C-FREX、対向3指電動義手Finch、立位姿勢調整装置BASYSをはじめ、さまざまなリ開発研究を進めている。

Seminar5

Lecturer

温 文
Wen Wen

講義3: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

温 文 (立教大学現代心理学部准教授)
2012年東京大学大学院人文社会系研究科心理学専攻博士課程修了,博士(心理学).慶応義塾大学博士研究員,東京大学特任研究員,University College London訪問研究員,東京大学工学系研究科特任准教授を経て,2023年より立教大学現代心理学部准教授.認知神経科学,ヒューマン・マシン・インタラクションの研究に従事.

Seminar6

Lecturer

温 文
Wen Wen

講義4: TBA

Abstract:

TBA

講師紹介

温 文 (立教大学現代心理学部准教授)
2012年東京大学大学院人文社会系研究科心理学専攻博士課程修了,博士(心理学).慶応義塾大学博士研究員,東京大学特任研究員,University College London訪問研究員,東京大学工学系研究科特任准教授を経て,2023年より立教大学現代心理学部准教授.認知神経科学,ヒューマン・マシン・インタラクションの研究に従事.